クラウドワークスで提案をする時の注意点!コンペで企業担当者が見ているポイント【ロゴ編】

副業

やっはろ! たす です。

CroudWorksで仕事の提案をする際、どうせ提案するなら受注したいですよね?

せっかく頑張ってフリーランスで仕事をしているのに、
単価の高い企業案件が獲得できない!

そんなデザイナーの方に【絶対に知っておいてほしいポイント】を、
実際に企業案件を依頼したことがある私が、体験談をもとに解説します!

  • 企業担当者は、デザイン以外のどんな部分を気にするのか
  • 同じような提案だった場合、何で心を動かされるのか

をといったお悩みのヒントになれば幸いです。

 前提と背景

まずはじめに、私はデザインのプロではないのでそこに関してはスルーします。

あくまでも、自身が会社のロゴ作成をクラウドワークスへ依頼した体験をもとに、
「もっとこうすればいいのに」
と感じた部分について、お伝えします。
主観にはなりますが、少しでも参考になる部分があれば嬉しいです^^

まず私が発注した内容ですが、

  • 依頼内容:企業のロゴ作成
    (※今までロゴを制定したことがない会社だったので、旧デザインは無し)
  • 応募形式:コンペ
  • 報酬:3万円


ロゴ提案の場合の単価は3万円~らしいので、
(依頼をする際、相場をクラウドワークスの担当の方にお聞きしました。)
依頼している側からみても受注出来れば、クラウドワークス内では割とコスパが良い方なお仕事だと思います。

なぜなら、基本的にクラウドワークスに依頼している会社の多くは担当のデザイナーさんがいません。
そのため、一度受注できればなにかの折に(営業ツールやパンフレット、WEBデザイン等)声をかけてもらえる可能性が高いです。

そういった意味でも企業案件が取れればフリーランスの方はお得なので、
姑息な言い方かもしれませんが、いかに企業担当者に好かれるかが大切です。

そのようなことを皆さんわかっているようで、
3万円で募集しても多くの場合、依頼者側の画面にはズラッと提案が並びます。

ちなみに私のときは44名、計79提案していただきました。

結構な提案数だったので、基本的には

  1. デザインをチェック
  2. 気に入ったデザインをしてくれた人の提案メッセージをチェック
    (たまにプロフィールも)
  3. デザインのコンセプトやイメージの内容についてチェック
  4. 社内会議にかけるものを選定
  5. 役員会議で最終決定

という流れで、最終的にお仕事をお願いしました。

正直な話をすると、私自身が広報専任というわけではなかったので、
全員のメッセージやプロフィールを全てしっかり見れるほど時間が取れなかったです。
(してる人もいるかもですが。)

そのため、ある程度目を引くデザインを提案してくださった上で
同じくらい気に入っているデザインだった場合、

  • デザイン以外のどんなところが気になるか
  • どういうところに胸キュン(死語?)したか

をまとめてみました。

はっきり言って担当者に気に入られなければ、
社内会議という名のスタート地点には立てません

【基本】これをやってない人は早急に自分を見つめ直しましょう

基本的な言葉遣いができる

言わずもがなですが、オンラインでもオフラインでも社会人として当たり前です。
そのため、タメ口とまではいかないですが意外とできていない人がいた事に驚きました。
フリーランスでも会社員でもそこは変わりません。

いや、あなたと友達じゃないんだけど?

と思われないように、最低限の言葉遣いには気をつけましょう。

ロゴのコンセプトを記載する

これはしてくださる方がほとんどなんですが、

稀に提案します!よろしくお願いします!

だけの人がいて。
か・な・り もったいないと思います。

どうせ提案するのであれば、
最低限どのようなイメージで制作されたのか明記したほうが良いと思います。

受注につながる!チェックポイント3つ

メッセージに簡単なプロフィールがある

冒頭の【前提・背景】でも触れましたが、私自身が広報専任というわけではなかったので正直、
提案していただいた全員のメッセージやプロフィールを全てしっかり見るほど暇じゃなかったです。

ですが、デザインの画面をクリックした際にメッセージは少なからずチェックしますので、

  • 「○年フリーランスでデザイナーしてます。」
  • 「今まで○件の取引をしました。」

とか一言あると、「この人は実績あるのね!」とわかり、
わざわざプロフィールを見に行く手間がはぶけて、ありがたいなと感じました。

ここに関しては多少偏った意見になるかもしれませんが、
クラウドワークス使う企業さんだったら

  • ぶっちゃけいいデザインを作ってくれて
  • やり取りちゃんと出来る人

なら、実績は重視してないんじゃないかなーと個人的には思います。
そのため、簡単なプロフィールがあって、必要に応じて詳細を確認する形が
双方にとって一番メリットがあると思います。

実際に使用した時のイメージ画像がある

もちろんデザイン自体もとっても素敵でしたが、
ロゴを使用したときのイメージを載せてくださった方が何人もいました。
具体的には、

  • 名刺にしたイメージ
  • ビルに使用したときのイメージ

などを一緒に添付して提案いただいたときは、
「こちら側のことをよく考えてくださる人だな!」と好印象でした。

名刺イメージ
看板イメージ

※実際はもっと素敵なデザインでしたよ!

ロゴの提案力

【基本】に重なる部分でもあるのですが、
コンセプトが伝わりづらい方が多かったです。

また、記載いただいたコンセプトの内容と、デザインの相互性がない方も多く見受けられました。

具体的には、依頼の詳細に

デザインイメージ:成長、安心感、誠実、協力、自然

みたいなこと書いたんですけど、提案いただいたコメントには、

人と人との繋がり、葉や太陽をイメージし、制作しました。

のみだったり。
デザインは可愛くて好きだったのですが、

「どこが?どのように?どう繋がりを表現してるんでしょうか?」

と思うものが多々ありました。

逆に良かったパターンは、

提案したデザインの○○と○○の部分が協力を表現し、
矢印の部分が成長を表しています。

みたいな感じで、

どこがどういう意味合いで表現したのか

というのが、素人レベルでもわかるように提案されていると、ほうほう(゚∀゚!)ってなります。

なぜこれが大事なのかと言うと、企業案件の場合(新規立ち上げでもない限り)ロゴに関わらず、
あなたとやり取りをするのは決済者ではなく所詮担当者レベルなんです。
でも、その担当者レベルに気に入られないと社内会議にかけてもらえないのです。

つまり、決済者にご自身のデザインもみてもらう機会もないということです。

また、多くの場合、所詮担当者レベルの人が社内で説明(プレゼン)する時、

担当
担当

このロゴは成長を表しています!

社長
社長

ふむふむ。
で、このデザインのどの辺りが成長なんだい?ん?

担当
担当

えっとですねー・・・。。

ってならないように準備します。
ここで言う説明とは別にこじつけでもなんでもよくで、なんとなくそれっぽければいいんです。

その説明で

社長
社長

ふむふむ。なるほど。

ってなればそれでいいんですよ。

推しを言葉で表現するの難しいですよね?

「その存在自体が尊いんだよ!
でもあえて言うならこれとこれと・・・」みたいな感じ!(違う?w

何が言いたいかと言うと、デザインを全て言葉で表現できるものだとは思いませんが、
担当者の立場にたって、デザインを言語化してあげることが大切ということです。

【プラスアルファ】私が嬉しかったポイント

いつでも連絡してねって言ってくれた

これは、私自身が初めてクラウドワークスを利用したからこそ心に響いたのですが、
やり方が分からなくてあるデザイナーさんにあれこれとメッセージで質問してたんです。
そしたら、

「なんかこいつ流れよくわかってないし、慣れてないな」

と思われたのでしょうw

やり取りの最後で、
「なんでも構いませんので、なにかあればまたいつでも連絡してくださいね」

と気にかけてくださったんです。

最終的に、社内会議でその人のデザインは採用されなかったのですが(´・ω・`)
めっちゃいい人ー!って思って仮に多少デザインが微妙だったとしても、検討に入れたくなりました。

そこで思ったのは、依頼者(発注者)のプロフィールを見てみて、
過去の取引履歴がない場合は初めて利用する可能性が高いということです。

実際私の場合もクラウドワークスで依頼をするために、初めてアカウントを作成しました。
なのでちょっとしたコツとしては、依頼者のプロフィール情報をチェックし、
取引履歴がない場合は少し過剰なぐらい丁寧に記載すると好印象になるかもしれません。

逆に何度も取引履歴がある場合、うざったいと思われる可能性がありますので、
その辺りのさじ加減は、依頼者の提案詳細を読んで調整してくださいね。

【補足】こんな人は嫌われる

催促してくる人

メッセージ通知があるのでチェックはしますが、申し訳ないですけど

「なぜ催促してくるの?必要があればこっちから連絡なり質問なりするから。」

って思いました。

100歩譲って受注してから作業する場合のお仕事でしたら特にフリーランスの方の場合、
スケジュール調整のため、進捗確認したい気持ちは理解できます。

  • 受注した時忙しくなりすぎて手が回らないかもしれないし・・
  • 他の仕事との兼ね合いで進捗確認しておきたいな・・

とか。

いやでもね、ロゴ提案ですよ?
修正があるにしろ、大体仕事終わってるじゃない。

なんでアパレル店員みたいに
「あっ、そちらお決まりですか~?」的なこと聞いてくるの?
と感じてしまいました。

私の心が狭いだけかもしれませんが、
良い印象を与えることはめったに無いと思うのでしないことをおすすめします。

【まとめ】企業担当者が他のデザイナーさんではなくあなたを選ぶ理由

社内会議までいけば、後はデザイン力(と多少の説明力)なので、
あなたができることは待つことだけです。

なので、そのスタート地点に立つために気をつけたほうがいいんじゃないかな?
と思ったことをまとめてみました。

実際、素敵なデザインだけど、

「コンセプト弱いなー。検討候補に入れづらいなー。」

と思って社内会議に入れなかったデザインもありました。
これ、すごくもったいないと思います。
(よほど良ければ「もう少し詳しく説明してくれますか?」とかコメントしますが。)

ロゴ提案だけに関わらず、【お仕事は相手の立場にたって考える!】
これ重要です。
つまり、依頼者が説明しやすいようにコンセプトを言語化してあげることが大切。

そして、【前提・背景】でも触れたとおり企業担当者に気に入られることが大切だと思います。
だって担当者も人間だもの。

以上!
偉そうにつらつら書きましたが、少しでも参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました